障害者自立支援法についての学習会に参加して

投稿日時 2006-09-22 | カテゴリ: 総務部

9月15日(金)函館市亀田福祉センターにおいて、北海道渡島保健福祉事務所保健福祉部社会福祉課の上野敏哉氏、下道康平氏を講師にお迎えして「障害者自立支援法」について、学習会が行なわれました。
始めに下道さんから概要をお話していただきました。次に上野さんより北海道における障害者福祉計画の作成について、お話をしていただきました。
 自立訓練事業では、訓練の支援を利用できる期間が24ヶ月・36ヶ月と限られており、一回限りの更新しか認められていない事を知りました。障害は一生続くので、その期間内の訓練では目標を達成し能力を向上させるのは、なかなか困難ではないでしょうか。
 また北海道は、入所施設・入所者数が全国平均の2倍なので地域生活への移行者数の目標も全国の2倍を目指すということでした。北海道は広大である事を考えると、数多くの施設が必要になります。また道外からの入所者も多いので、地域生活に移行しにくいという実態も考慮されるべきだと思います。
 従来の制度やサービスがどのように変わっていくのか、また利用料金はどうなるのかは10月から実際問題となります。今後の厳しい現実を認識する事ができて、有意義な学習会でした。

                                                            福田 




北海道自閉症協会道南分会にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.asj-dounan.org

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.asj-dounan.org/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=13