TEACCH2デイ基礎講座の函館開催

投稿日時 2008-02-18 | カテゴリ: TOP

 昨年の11月3日・4日、函館にてNPO法人それいゆ主催による「TEACCH2デイ基礎講座」が開催されました。当会も共催をさせていただくことができ大変光栄に思っております。

 同講座には、米国ノースカロライナ大学TEACCH部 部長のゲーリー・B・メジボブ博士とアッシュビルTEACCHセンターのキャサリン・フェハティ氏を講師に迎え、両氏直伝による自閉症療育支援の基本を学ぶことができました。参加された280名の方々は2日間に渡り熱心に耳を傾けておられました。

 2005年4月に施行された発達障害者支援法により、これまで既存の障がい者福祉制度の谷間に置かれていた自閉症の方に、その障がい特性やライフステージに応じた支援がなされるように環境整備が進められています。また、19年度より本格実施となりました特別支援教育でも各学校での取り組みが始まりました。今回、理解者である政界、行政の皆様にご来賓としてお越しいただきましたことは大変うれしく思います。これを機に各分野の連携が強まり地域での自閉症支援がさらに広がることを望んでおります。

 この度の「TEACCH2デイ基礎講座」開催により、多くの方々に自閉症について正しい理解をしていただけたことと思っています。さらに地域で暮らす自閉症の方々へのご理解とご協力をいただければ幸いです。


 最後になりますが、ご講演をいただきましたゲーリー・B・メジボブ様、キャサリン・フェハティ様、ご来賓の皆様、ご後援いただきました各関係機関の皆様そして函館開催をしてくださいましたNPO法人それいゆ様、共催いただきました社会福祉法人侑愛会様にお礼申し上げます。

                                  会長 俉樓 




北海道自閉症協会道南分会にて更に多くのニュース記事をよむことができます
http://www.asj-dounan.org

このニュース記事が掲載されているURL:
http://www.asj-dounan.org/modules/bulletin/index.php?page=article&storyid=3